阪神淡路大震災から22年 遺族らが犠牲者悼む

印刷

   1995年に発生した阪神淡路大震災から22年を迎えた2017年1月17日、神戸市など各地で震災の犠牲者を追悼する行事が行われた。

   「阪神淡路大震災1.17のつどい」が行われた同市内の東遊園地では、竹灯篭が「1995」「光」「1.17」の文字に並べられ、集まった遺族らが地震発生時刻の5時46分に犠牲者6434人に黙とうを捧げた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中