国産ジェット機「MRJ」納入、2020年半ばに 延期は5回目

印刷

   三菱航空機(愛知県)が開発している国産ジェット機「MRJ」について、親会社の三菱重工業は2017年1月23日、全日空(ANA)への納入時期を2018年半ばから20年半ばに延期すると発表した。

   その理由としては、専門家から機器の配置を見直すべきだと指摘を受けたことを挙げた。08年に事業を決定したときは、13年を納入時期にしていたが、これで延期は5回目となる厳しい状況が続いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中