新華社東京支局「通常業務が妨害」 アパホテル取材で抗議電話殺到

印刷

   アパホテルが「南京大虐殺」を「中国側のでっちあげ」などとする書籍を客室に置いていた問題で、一時、アパホテルのサイトが炎上して予約ができない状態だったが、今度は中国メディアが炎上状態に悲鳴をあげている。

   中国国営の新華社通信がアパホテルを「現地取材」したとする記事をきっかけに、批判する電話やファクスが殺到し、通常業務が妨害されたとしている。

  • 新華社通信が配信した「現地取材」の動画。アパホテルの室内で問題の書籍を発見する場面
    新華社通信が配信した「現地取材」の動画。アパホテルの室内で問題の書籍を発見する場面

女性記者のホテル現地リポートきっかけ

   新華社通信は2017年1月22日、「中国記者にいやがらせ」と題した記事を東京発で配信し、

「日本の右翼は絶えることなく嫌がらせの電話をかけ、さらに悪いことに記者の駐在先にはファクスが送りつけられ、記者を名指しして記者への非難・侮辱が行われ、記者は通常業務が妨害された」

などと訴えた。これらの行為は

「中国記者がホテルを現地調査し、報道した」

ことがきっかけだという。この「現地調査」記事は1月18日(北京時間)、

「日本の右翼ホテルが書籍撤去に抵抗 新華社記者が現地取材」

と題して動画つきで配信された。新宿にあるアパホテルの現地リポートだ。ホテルの様子を

「フロントには荷物が多く置かれ、23時過ぎまで宿泊客がひっきりなしにやって来ていた」

と描写し、その次に記者が持った感想は「部屋が狭い」。その後、室内に問題の書籍を発見し、書籍が日英の2か国語で書かれていることや、内容は「日本の右翼的視点がいっぱい」だという点を指摘。本の著者のアパグループ代表の元谷外志雄氏が

「中国に対抗するために日米同盟を利用し、早期改憲の実現を呼びかけている」

などと説明した。これに加えて、歴史問題を理由に「このホテルには泊まらない」と話すオーストラリア人や中国人観光客の声も報じ、

「APAホテルのやり方はひどく、基本的なビジネス倫理に大きく反している」

と批判した。動画では、女性記者が顔と名前を出してリポートした。

産経は「潜入取材」と報道

   この記事を産経新聞が1月20日の朝刊紙面などで「新華社記者らが『潜入取材』」などと報じた。これをきっかけに、日本の一部のブログでは女性記者を名指しして

「アパホテル叩きの主犯」
   「許すまじ!在日中国人はみんな反日工作員なの?」
   「質問がある方は連絡してみたらどうかな」

などと主張する動きもあった。

   1月22日の新華社通信の記事では、アパホテルが「言論の自由」を理由に書籍を撤去しないことを念頭に、

「日本の右翼の言うところの『言論の自由』は日本の侵略の歴史を称賛する自由に過ぎない」

などとして、「右翼」にとっての「言論の自由」のあり方を疑問視した。

   新華社通信の東京支局に電話したが、電話にはだれも出ず、応答しない状態が続いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中