極楽・山本「懺悔」ソングが袋叩きの中 「擁護する気ないが、曲はいい」の声も

印刷

   「ごめんなちゃーい」と歌う、お笑いコンビ「極楽とんぼ」山本圭壱さん(48)の曲が、「不快感MAX」「反省のカケラもない」などとネット上で総攻撃を受けている。

   掲示板などで山本さんを擁護したり、曲を褒めたりすれば「関係者か?」「ふざけるな!」などといった罵詈雑言が飛び、自由な発言が妨げられる状態だ。そうした状況下だが、「山本は才能あると思う」といった評価もある。

  • 「ごめんなちゃーい」(写真はユーチューブにアップされた山本さんのオリジナル曲「懺悔」のスクリーンショット)
    「ごめんなちゃーい」(写真はユーチューブにアップされた山本さんのオリジナル曲「懺悔」のスクリーンショット)

「あなたはいつまで怒っているの?」

   山本さんが歌っているのはオリジナルソング「懺悔」。この曲は昨2016年、山本さんが芸能界復帰した際に「極楽とんぼ」の15年ぶりの全国ツァーで披露された。そして17年1月27日、宮崎サンシャインFMのラジオ番組「極楽とんぼ 山本圭壱のいよいよですよ。」で曲が披露され、それがユーチューブにアップされると一気に知られることになった。曲はラップ調で、ピコ太郎の「PPAP」のような前奏の後、

「ごめんなちゃーい   僕のごめんなちゃーい あなたにごめんなちゃーい」
「ざ   ざ   ざ   懺悔   懺悔   懺悔   懺悔」
「雨でも風でもぱらぱらぱぱっぱー あなたはいつまで怒っているの?」

などといった歌詞が出て来る。

   これが「悪ふざけ」「反省の色なし」「自分を批判した人をバカにしている」などという理由で激しい反発が起き、

「本当に不快」
「永久に消滅してくれ。慕ってるタレントも込みで」
「こんな糞つまらんデブがTV出れるわけねえだろ」

などといった書き込みが掲示板に出て大荒れに荒れた。中には曲を聞いたら負け、話題にしたら負け、などと曲を聞かずに山本さん批判を繰り返す人もいて、たまに山本さんを評価する書き込みが出ると「関係者か?」「ふざけるな!」などと罵詈雑言で意見が潰され、自由な発言が妨げられるスレもある。

「昔の極楽らしいやん、芸風がこんなのだった」

   「アサ芸プラス」といった複数のネットニュースは総じて、山本さんとこの曲がネット上で酷評されていると報じている。本当にそんなにふざけていて酷い曲なのだろうか。ユーチューブには複数の「懺悔」の音声動画がアップされていて、2017年2月2日夕方までに視聴回数が6万2000を超えた動画のコメント欄は称賛の書き込みが並んでいる。そこには、

「本当キレッキレだな~!笑 テレビがまだ面白かった時代にTVからいなくなった冷凍保存の化石のようなおひとだよ。早く戻ってきておくれよ~」
「面白い曲だね! もっと山本さんをテレビで見たいなー」
「こうでなくっちゃ! 応援してます!」
「名曲だわ笑」

などと書かれている。また、ここ以外の掲示板には、

「俺は別に擁護する気はないが、曲はいいと思う」
「昔の極楽らしいやん、芸風がこんなのだった」
「山本は才能あると思う」

といったことも書き込まれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中