将棋連盟、佐藤康光9段が新会長に就任

印刷

   日本将棋連盟は2017年2月6日、臨時総会と理事会を開き、スマホ不正使用疑惑問題を受けて辞任した谷川浩司会長(54)の後任に佐藤康光9段(47)を選出した。任期は17年6月の通常総会まで。

   佐藤新会長は獲得タイトル通算13期、永世棋聖の資格を持つトップ棋士。佐藤氏は記者会見冒頭、

「今回を機に組織、対局規定など日本将棋連盟を改めて見つめ直し、時代に即して変えるべきところは変え、残すべきところは残す。(中略)1人でも多くの皆様に将棋を親しんでいただけますよう邁進していきたいと思います」

と決意を語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中