SNOW「加工自撮写真」を「復元」 アプリ開発者に「意図」を直撃

印刷

   自撮り・画像加工アプリ「SNOW」(スノー)の「復元アプリ」を作った男性が、にわかに脚光を浴びている。

   動物の耳や鼻をつけ、目を大きくした「かわいい」自撮り写真で、若い男女の熱狂的な支持を集めるSNOW。男性が開発したのは、その画像加工を元に戻してしまうアプリだ。一体、何の目的で開発したのか。

  • こんなに違うとは…(画像は開発者のツイートより。すでに削除)
    こんなに違うとは…(画像は開発者のツイートより。すでに削除)

復元すると...大きな目が「細長く」なった

   SNOWは15年10月にリリース。自撮りの流行も手伝い、ユーザー数が急増した。運営するCAMP MOBILE Corporationは16年5月、全世界で2200万ダウンロードを記録したと発表している。動物の耳や鼻がついた、あの特徴的な自撮り写真は日本でもおなじみだ。

   一方、そうした自撮り写真について、「実物と違う」と感じる人もネットに多い。今回復元アプリを開発した男性も、そんな一人だ。

「『幻想に依存するな』という意を込めて投稿しました」

   J-CASTニュースの取材に応じた男性は17年2月7日、開発の意図をこう説明した。東京理科大に通う22歳。

   自撮りをする女性、そして自撮り写真を「あたかも自分本来の姿であるかのように錯覚・誤認する方」が増えたと感じていた。絵を描くのは得意、さらに卒業を控え「暇だった」こともあり、復元アプリの開発を思い立った。

   復元アプリは公式発表されていない(2月7日現在)。アプリクリエイターでも、プログラミング好きでもなかった男性は、苦労しながら開発を進める。

   そして2月1日、完成したアプリをツイッターでお披露目した。「snow写真を元に戻すアプリを作ったぞ。よっしゃ~これで大儲けだ。震えて眠れ豚ども」とツイートし、アプリで復元した女性の顔写真を、復元前の写真と合わせて投稿したのだ。

   SNOWで加工された大きな目は細長くなり、肌の色は白から黄土色に近づいた。まるで化粧後の顔と前の顔を比較するような生々しさがある。

「すばらしい大発明」「ふざけんな」...

   写真のインパクトもあり、投稿は素早く拡散。

「すばらしい大発明」
「有料で買います」

と称賛の声が集まった。まとめサイトにも取り上げられ、「SNOWの詐欺にはむかついていた」「ざまーみろ」との反応が相次いだ。

   一方、

「暇人」
「ふざけんな」

との批判も浴びせかけられた。大学に通報するユーザーも現れ、にわかに「炎上」。アプリの復元精度が悪かったこともあり、男性は結局、投稿を削除してしまった。

   「アプリはもう作らない」。男性はそう断言する。では、精度を高め、完璧に復元することは技術的に可能なのか。

「SNOWに限っては多分無理です。そもそも復元というのは、『予測』と『軽減』に過ぎません。SNOWに関しては、変換後の結果が大体一律ですので、完璧な『予測』ができません。それに、顔の一部を隠す動物のパーツも取れません。手で顔を隠した写真から手をどけることくらい難しい」

   ちなみに、アプリを正式にリリースする予定は「ない」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中