コカ・コーラとの資本提携は協議終了 キリンが明かした「考え方の違い」

印刷

   キリンホールディングス(HD)は2017年2月13日、コカ・コーラグループと進めていた資本提携についての協議を終了すると発表した。

   キリンHDの磯崎功典社長は13日に開かれた記者会見で、ザ コカ・コーラ カンパニー(本社:米アトランタ州)と資本提携について協議を進めてきたが、「資本に対する考え方が違い、折り合いがつかなかった」と説明。業務提携については継続協議し、今後、開示すべき事実が発生した場合は、速やかに開示するとしている。

   キリンホールディングスは16年10月26日、コカ・コーラグループとの業務提携、資本提携に関して協議を進めていると公表していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中