「芸能人の労働環境を糺す会」発足 幸福系雑誌サイト「労働局へ請願」報道

印刷

   女優でタレントの清水富美加さんが宗教団体、幸福の科学に「出家」したことをきっかけに、「芸能人の労働環境を糺す会」という団体が発足した。

   幸福の科学出版が発行する月刊誌「The Liberty」Web版が 2017年2月17日付で報じたもので、幸福の科学との関係が深いとみられる。同会は、芸能人の雇用契約の内容や労働環境の改善について、東京労働局に「芸能人の労働環境の是正を求める請願」を提出し、タレントを劣悪な労働条件で働かせる芸能プロダクションに対して、厳しい対処を求めた。J‐CASTニュースは会長の松井妙子弁護士に話を聞いた。

  • 芸能人は「労働者」なのか?(画像は、「芸能人の労働環境の是正を求める請願」写し)
    芸能人は「労働者」なのか?(画像は、「芸能人の労働環境の是正を求める請願」写し)

劣悪な労働条件の芸能プロに厳しい対処を

   清水富美加さんの「出家」を機に芸能界の労働環境や契約内容の問題が注目されるなか、「芸能人の労働環境を糺す会」は2月16日午前、芸能人の労働環境の是正を求めて、東京労働局に請願書を提出。東京労働局に対して、

(1)芸能人のうち、労働基準法9条の「労働者」に該当する者には、労働基準法や民法の雇用契約の規定が適用されることや、芸能プロダクションは労働基準法の定める労働条件を守るべき義務があることを徹底周知すること。
(2)芸能プロダクションが労働基準法、独占禁止法、不正競争防止法等に違反して、芸能人に対して不当な要求をしないように監督を強化すること。
(3)劣悪な労働条件下にいる芸能人がわかった場合には、東京労働局による芸能プロダクションへの任意の立ち入り調査、さらには労働局、労働基準監督官による強制捜査も視野に入れて厳格に対処すること。

の3点の実行を求めている。

   個別の芸能人や芸能事務所には触れていないが、清水さんと所属事務所だったレプロエンタテインメントを意識しての行動とみられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中