絶対に命を絶たないで! 福島・飯舘村教委、「いじめ」で異例メッセージ

印刷

   「必ず味方になってくれる人がいます」「絶対に自ら命を絶ったりしないでください!」。いじめを苦にした中学生らの相次ぐ自殺を受けて、福島県飯舘村教委がホームページ上でこんなメッセージを載せて、ツイッター上で反響を呼んでいる。

   「みなさんは悩みを抱えていませんか」。2017年2月14日付のメッセージでは、「飯舘村の子どもたちへ」と題して、中井田榮教育長名でこう呼びかけた。

  • ホームページ上の訴えが反響
    ホームページ上の訴えが反響

「わかりやすい」「なんか辛くなってくる」

   福島県内では、17年に入って早々、いじめを苦にした自殺が立て続けに2件も報じられている。

   1つ目は、須賀川市立中学1年の男子生徒が1月27日に自宅で首を吊って亡くなっていた。いじめ被害を訴えていたといい、市教委が2月7日に発表した。もう1つは、南相馬市立中学2年の女子生徒がいじめを受けたとして2月11日に自宅で首を吊った状態で見つかったもので、13日に発表されている。

   メッセージでは、2件の自殺について触れ、「もし、悩んでいることがあったならば、すぐに家族や学校の先生、友達などに相談してください」と訴えた。味方になる人は必ずいると強調したうえで、「もし、どうしても見つからなかったら、飯舘村教育委員会に連絡してください。みなさんを全力でサポートします」として、絶対に命を絶たないでほしいと書き込んだ。

   「保護者のみなさまへ」と題した文もあり、子供に変化などを感じたらすぐに行動するべきとアドバイスし、身近な相談者がいないときは飯舘村教委に連絡してほしいとしている。

   ツイッター上でメッセージが紹介されると、リツイートなどが相次ぎ、「とてもわかりやすい」「なんか辛くなってくるな・・」などと感想が書き込まれている。中には、「こんなメッセージを出さなくてはならない社会になってしまったなんて・・・」「寂しい国になっちゃったよ」といった嘆きの声も漏れていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中