ローラもテンション爆アゲ NASA「地球に似た7惑星」

印刷

   地球によく似た太陽系外惑星7つを発見したと米航空宇宙局(NASA)が発表したのを受けて、タレントらがツイッターやブログで様々な感想を寄せている。

   「もうすぐでNASAの緊急記者会見だ。。。どきどき」。タレントのローラさんは、NASA 発表前の2017年2月23日未明、こうツイッターでつぶやいた。

  • IMALUさんも感激のツイート
    IMALUさんも感激のツイート

IMALU「39光年てどこなのですか」

   NASAが太陽系外惑星に関する新発見について記者会見すると事前に明かしたとき、ネット上では、様々な憶測が流れた。「地球外生命の存在を証明する何かが分かったのか」「惑星の大気に酸素が見つかったのでは」などと専門家も含めて議論が盛り上がった。

   フタを開けてみると、39光年離れた恒星の周りに、地球とほぼ同じ大きさの惑星が7つも見つかり、中には岩石でできていたり、地表に水が液体で存在していたりする可能性があるという発表だった。ベルギーの大学などとの共同研究で、論文は英科学誌ネイチャー(電子版)にこの日掲載された。惑星は、「地球の7つの妹」とも同誌に名づけられ、ネットでもこの名が広く流れた。

   発表内容が報じられると、タレントらからも、次々に驚きの声が上がった。

   会見を見たいとツイートしていたタレントのIMALUさん(27)は、「今まで見てきた映画の世界が現実になるのかなと思うとワクワクするよ」と興奮気味につぶやいた。ただ、ニュースの内容はやや難しかったらしく、「39光年てどこなのですか。おバカな私にはわかりません。今日は妄想に浸かって寝ます」と漏らしていた。

   中には、少し角度を付けた感想をツイートするタレントもいた。

   元TBSアナウンサーの小島慶子さん(44)は、NASAの発表がフェイクニュースという陰謀論まで想像してしまったとし、「しかし39光年も離れた引っ越せるわけでもない星の様子より、このところどうにも気候がおかしい足元の星が心配です」と書き込んだ。これは、その後削除されている。

藤原紀香、「宇宙戦争が起こる」可能性を心配

   お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さん(36)は、NASAの発表について、「見たい行きたい話したい」とし、「NASAが発表した生命がいるかもしれない7つの星に、おれより嫌われるやつがいますように」と願った。

   実際、7つの惑星には、地球外生命が存在する可能性をNASAも指摘しており、タレントらからは、この点についての感想も出ている。

   女優の藤原紀香さん(45)は、「地球外生命への期待」と題したブログを書き、今後への期待をにじませながらも、「技術が進みすぎて、AIなど凄いものを創り出し、人類が好き放題したあげくに 宇宙戦争が起こる」可能性もあるとした。そのうえで、「まったくの想像の世界だけど、そんなターミネーターなる世界もまんざら先じゃないのかも、、、と思うと、怖くなってきた」としている。

   また、タレントのクリス松村さんは、自らのブログで、「39光年か・・・んー・・・『宇宙戦艦ヤマト』のイスカンダルよりは、全然ご近所。(笑)私が今の姿で地球にいるうちには、結果は出ないでしょうが・・・ロマンを感じますね」と期待を示した。ただ、「ずっと・・・謎のままのほうが・・・幸せだとは思いますけれど・・・。何でかって?お互いに見つけ見つけられれば・・・戦いが生まれることは・・・間違いありませんからね・・・。現実を知らないままのほうが幸せなこともあります」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中