「婚前交渉」は「成婚」とみなします 「とら婚」で浮上した結婚相談所「衝撃ルール」

印刷

   同人誌販売店「とらのあな」が新たに手がけるオタク向けの「結婚相談所」に注目が集まっている。

   この結婚相談所の利用規約には、「婚前交渉」や「結婚の口約束」「宿泊を伴う旅行」「同棲の事実」を自動的に「成婚」とみなすルールがあるからだ。実は、結婚相談所の一般的な規約なのだが、あまり知られていなかったためか、ネット上では「そういうものなの」と驚きの声が上がっている。

  • お見合いも大変だ(画像はイメージ)
    お見合いも大変だ(画像はイメージ)

「宿泊を伴う旅行」も同じ

   「とらのあな」の結婚相談所「とら婚」は17年2月25日、東京・秋葉原にオープンする。「趣味と結婚を両立させる」をコンセプトにした、まさに「オタクの、オタクによる、オタクのための結婚相談所」だ。

   とらのあなが培ったコンテンツ販売のノウハウと「オタク診断テスト」「クリエイター(ファン)割引」「オタク同士のマッチングサービス」といった独自のシステムをかけ合わせ、成婚を強力にアシストする。

   入会金は9万8000円から、月会費も1万円からと決して安くないが、婚活アドバイザーが成婚に向けて手厚くサポートしてくれるという。

   「成婚」時には成婚料が最低10万円必要となるほか、「とら婚」の利用規約には、こんな注意書きもある。

「結婚、婚約又はそれらと同等の成果(『結婚の口約束』『宿泊を伴う旅行』『婚前交渉』『同棲』『交際期間を延長し通算6ヵ月を経過した場合(交際期間は原則3ヵ月)』など)は『成婚』とみなします。トラブルを避けるため、交際期間中の旅行や婚前交渉は禁止です」
「お二人で外泊や旅行へ行かれた場合、又は、婚前交渉の事実が明白になった際には、成婚のご意思の有無に関わらず、成婚とみなし、成婚退会手続きを行っていただきます」

   実はこの注意書き、「とら婚」も加入する「日本結婚相談所連盟」(運営:株式会社IBJ)の定める「お見合いルール&マナー」と一字一句同じだ。

業界では広く共有されているルール

   同連盟は全国1349社の加盟事業者、計5万8843人もの会員を抱える結婚相談所の業界団体。つまり、お見合い相手との婚前交渉や同棲、外泊を自動的に「成婚」と見なすルールは、業界的に広く共有されているわけだ。お互い結婚を前提とし、真剣に交際しているからこそ成り立つのかもしれない。

   しかし、こうしたルールはあまり知られていなかったためか、「とら婚」の規約に

「ひどい感じ」
「そういうものなの......?」
「その後の生活のこと考えてない」

と厳しい指摘が相次いでいる。

   一体、何のためにこうした規約を設けているのか。J-CASTニュースは2月24日、日本結婚相談所連盟に取材を申し込んだが、「担当者が不在」とのことで、回答は得られなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中