不審バルーン相次ぎ飛来 福島県内4市

印刷

   福島県警は2017年3月1日、二本松市、伊達市、川俣町、田村市の4市で巨大バルーンが相次いで発見された、と発表した。

   バルーンは円柱に近い形状で、大きさは縦約9メートル、横約1メートル。けが人はいないという。

   同様のバルーンは16年以降、山形県など他県でも目撃情報が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中