「フランク三浦」勝訴確定 最高裁、ミュラー側の上告退ける

印刷

   スイスの高級腕時計「フランク・ミュラー」を連想させる「フランク三浦」の名前で時計を販売する大阪市の会社が、商標を無効とした特許庁の審決の取り消しを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は2017年3月2日付の決定で、ミュラー側の上告を退けた。各メディアが報じた。

   「フランク三浦」は12年に商標登録された。ミュラー側の申し立てを受けた特許庁は15年9月、商標を無効としたが、三浦側が知財高裁に提訴。知財高裁は16年4月、商標を有効とする判決を言い渡していた。

   最高裁がミュラー側の上告を退けたことで、知財高裁の判決が確定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中