「長靴」発言問題で務台政務官辞任 後任に長坂氏

印刷

   政府は2017年3月10日午前の閣議で、被災地視察を巡り「長靴業界はだいぶもうかった」と発言した務台(むたい)俊介・内閣府政務官兼復興政務官(60)の辞任を決めた。後任には、自民党の長坂康正衆院議員(59)を充てる。

   務台氏は、17年3月8日の自らの政治資金パーティーで、16年9月に被災地を視察した際、長靴を用意しておらず水たまりを随行秘書官におんぶされて渡り、批判を受けた件に触れ、「長靴業界はもうかった」などと発言。その後、批判が高まり、翌9日に責任を取る形で辞表を提出していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中