逃げるは恥だが、本当に役に立った AMDアワード優秀賞

印刷

   一般社団法人デジタルメディア協会が開催する2016年の「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー/第22回AMDアワード」の受賞式が、17年3月13日に開催され、16年10月からTBS系で放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が優秀賞を受賞した。

   ドラマの内容に加え、主題歌(エンディング曲)に合わせたダンスが「恋ダンス」としても親しまれ、YouTubeに投稿された動画は8800万回を超えるなど人気を博した。それにより、恋ダンスを踊った動画が多数投稿されたことで、「テレビとネットの良好な関係を示唆した」ことも評価され、受賞に至った。コンフィデンスアワード・ドラマ賞やドラマアカデミー賞を始め、すでに様々なドラマ大賞を受賞している。

   「逃げ恥」を含めて10作品が優秀賞を受賞し、「君の名は。」、「この世界の片隅に」、「シン・ゴジラ」、「ユーリ!!!on ICE」などの映像作品に加え、「Pokemon GO」や「BABYMETAL」、「Play Station VR」なども受賞した。

   AMD理事長賞はピコ太郎の「PPAP」が受賞した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中