GPS捜査、令状なしは違法 最高裁が初判断

印刷

   警察が裁判所の令状を取らずに捜査対象者の車などにGPS端末を取り付ける捜査の違法性をめぐり、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は2017年3月15日、GPS捜査は強制捜査に当たると初めて判断を下し、令状なしに行われた捜査を違法と結論付けた。また、現行法上の運用にも疑義を示し、「憲法、刑訴法の諸原則に適合する立法的な措置が講じられることが望ましい」と指摘した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中