豊洲地下水、基準値100倍のベンゼン 専門家会議「地上部分は安全」

印刷

   豊洲市場(東京・江東区)の土壌汚染対策に関する東京都の専門家会議は2017年3月19日、地下水の再調査の結果、最大で環境基準値の100倍のベンゼンと、3.6倍のヒ素が検出されたことを発表した。地下水の水位を保つシステムの稼働により、残留していた有害物質が流れ出たと推測される。

   基準値を大幅に超えたものの、地下水は飲用ではなく、地表にはきれいな土が盛られていることと、地上部はコンクリートで覆われていることから、地上の市場部分は安全であるとの見解を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中