電子書籍「仰天!韓国」

仰天!韓国

竹島から仏像盗難まで 「恨千年」反日国家のお騒がせ事件簿

「韓国って、どうしていつもそうなの!?」
竹島、慰安婦、旭日旗、韓流、ウリジナル――なにかと日本とぶつかり合う、個性的な「隣人」韓国。我々を時に仰天させ、時に呆れさせ、時に怒らせ、あるいは爆笑させる、その「トンデモ」言動とは。
J-CASTニュースが、日本人必読の「韓国事件簿」をピックアップ。韓流ファンも反韓ネトウヨも、これを読まずして「韓国」は語れない?!

2013年8月発売 希望小売価格300円
  • amazon
  • ibooks
電子書籍「仰天!中国」

仰天!中国

反日暴動の活動家も蒼井そら大好き? 「矛盾論の大国」お騒がせ事件簿

目をつり上げて日の丸を破り、日本車を引っくり返す。大使館前でデモを行い、尖閣諸島は我が物だと上陸作戦を計画する。一方で、ガンダムをはじめ日本のアニメやゲームを愛し、AKBの推しメンに大量投票をする。バカな画像をアップしてブログが炎上、夜な夜な蒼井そらに興奮する――
はたして中国人とはいったい何者なのか?
J-CASTニュースの過去の中国関係の記事を厳選、「分かりにくい大国」の謎に迫る「仰天」電子書籍第2弾。

2013年10月発売 希望小売価格300円
  • amazon
  • ibooks
電子書籍「仰天!北朝鮮」

仰天!北朝鮮

毎日が宣戦布告 暴走国家の「無慈悲すぎる」お騒がせ事件簿

「無慈悲な鉄槌をくだす」「ヤンキーよ、一度対戦してみよう」「ソウルを火の海にする」といった大げさな言葉で瀬戸際外交を繰り返す北朝鮮。異例の「3代世襲」を経て金正恩に政権が交代しても、この「コワモテ」は変わりそうもない。と思えば、「アノニマス」から相次いで攻撃されて大恥をかく脇の甘い一面も……。
「ちくはぐ北朝鮮」の正体とは? J-CASTニュースがその実情に迫った。注目の「仰天」電子書籍第3弾。

2013年10月発売 希望小売価格300円
  • amazon
  • ibooks