世界のトップと渡り合う孫社長の英語が「中学英語」って……ホント?


2016/3/22 17:52

書名:なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか
著者:三木雄信
発売中
定価:本体1,570円+税
祥伝社刊
今、英語学習愛好者の間で話題になっているのが、3月22日付け「日本経済新聞」記事、“世界と戦う「中学英語」”だ。

同記事によると、何とソフトバンクグループの孫社長は中学英語で、世界のトップと渡り合っているというのだ。

国際的ビジネスマンを目指す多くの人が、この5月で新形式に変わるTOEICでも990点を取ろうと必死になっているというのに、一体どういうことなのか?

記事によると、元ソフトバンク社長室長・三木雄信さん曰く、

孫社長の英語の特徴は、
・講演で使う英単語を分析したところ、わずか1480語である。(中学で学ぶ英単語並み)
・間違った英語を使っても気にしない
・リズムとアクセントをきちんと抑えている
・同じ言い回しが頻繁に登場する
――であり、さらに具体的には、
・冒頭は「Thank you」
・「This is ~」を多用
・単文を活用
――というようなポイントがあるという。

では、孫さんと同じく誰でも1480語で世界と渡り合えるのかというと、同記事ではブリジストン津谷CEO兼会長の主張する「語彙力の重要性」にも触れている。
要は自分に合うのはどちらなのか?ということだろう。

前出・三木雄信さんの著作、『なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか』(祥伝社刊)には、孫社長の英語が平易に分析・紹介されている。

「難しい単語抜きで外国人と英語のやり取りをしたい」、というあなたには大いに役に立ちそうだ。

祥伝社

一般書籍から新書、文庫、雑誌、コミックスと幅広いジャンルの出版物を手掛ける総合出版社です。 ●雑 誌 「Zipper」「nina’s」「FEEL YOUNG」「からだにいいこと」「小説NON」「onBLUE」 など ●書 籍 一般書・実用書 ノン・ノベル 祥伝社新書 祥伝社文庫 祥伝社黄金文庫 四六判図書・文芸書 祥伝社ムック フィールコミックス 祥伝社コミック文庫 など
公式サイト

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

BOOKウォッチログイン

出版社の方へ
御社の書籍も、こちらのコーナーに掲載してみませんか?

このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
お問い合わせ