今日自分に起きた幸運をいくつ思い出せますか?ツキを引き寄せる思考の話


2017/3/20 19:00

『人生は0.2秒で変わる』(ワニブックス刊)
 人は成功するときもあれば、失敗するときもある。

大切なのは物事がうまくいかなかったときにどうするかだ。例え失敗したとしてもクヨクヨしているだけならば事は進まないだろう。

いや、そもそも失敗なんかないのかもしれない。
あるのは「成功」と「学習」だけ。

そんなことを教えてくれる本がある。精神科医の西脇俊二氏が人生を自分の思うように好転させるために必要な潜在意識を紹介する『人生は0.2秒で変わる』(ワニブックス刊)だ。

■学習ができれば「失敗」は存在しなくなる

西脇さんは、もし失敗があるとしたら、同じような不成功を何度も繰り返してしまうことだと述べる。

もしうまくいかないのなら、改善や学習を繰り返しながら、次の手を打っていけばいいだけの話なのだ。また、失敗したときに「いいネタができたな」と捉えるというのもいいだろう。

西野氏は、何事においても「認知の変容」が大事だ、と語る。
「認知の変容」とは、精神科のカウンセリングで用いる手法の1つで、いわばポジティブ・シンキングにするということ。

財布に1万円入っていて「もう1万円しかない」と考えるか、「まだ1万円もある」と考えるか。まだ1万円もある、と考えた方がゆとりは持てるはずだ。

物事の受け止め方をちょっと変えれば、ネガティブな自分とオサラバすることができる。

■良いこと+新しいことを思い出す習慣をつけよう

もう一つ。ツキを引き寄せるための「グッド&ニュー」を紹介する。

24時間以内にあった良いこと(グッド)、もしくは新しい(ニュー)出来事を1分以内に1つ挙げる。

「10円拾った」「信号にひっかからずに会社まで来られた」など、なんでもよい。そして、言ったことに対して大げさに喜んでみることがポイントだ。

これを毎日実践していると、心がふんわりと温かくなって気持ちが明るくなる。
グッド&ニューを探し求めるアンテナを張ることで、思考の流れが変わり、普段であれば見過ごしてしまいがちな小さなことにも気づけるようになる。

いくつかある人生の転機で自分の思うように好転させるためにも、潜在意識をコントロールする方法を試してみてはどうだろう。

(新刊JP編集部)

新刊JPニュース

次これ読もう、が見つかる「新刊JP」 日本最大級の書籍紹介ウェブサイト。話題の書籍や新刊本をブックナビゲーターが音声で紹介するインターネットラジオ番組「新刊ラジオ」や、書評記事、イベントレポート、出版業界の動向などを提供するニュースメディア「新刊JPニュース」、旬の作家のインタビューを掲載する「ベストセラーズインタビュー」、書店をフィーチャーした企画や電子書籍レビューなど、本にまつわるコンテンツを豊富に揃えています。あなたの「あ、これ読みたい」が見つかるはずです。
公式サイト

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

BOOKウォッチログイン

出版社の方へ
御社の書籍も、こちらのコーナーに掲載してみませんか?

このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
お問い合わせ