「理想の朝食」は苦手なものだらけ 偶然手にした飲み物が「大当たり」だった

印刷

   ダイエットに挑戦中の木村清志さん(仮名、以下キヨシさん)が、壁に阻まれている。「運動しなきゃ」「ちゃんと朝食をとらなきゃ」との思いは募るが、強い意志で実行に移しきれずにもがいているのだ。

   それでも今回、朝食の中身を改善しようとこれまでほとんど食べたことのないものに挑戦。偶然手にした一品が、意外な効果をもたらした。

ランチタイムの30分ウォーキングは「食事の時間がなくなる」

   悩める36歳キヨシさん、身長178センチ、体重83・5キロでスタートしてから2か月あまりで、体重はついに77.7キロまで落ちた。ほぼ6キロ減だ。それでも表情がさえないのは、自ら決めた朝の早起きとウォーキングが実践できていないからだ。

キヨシさん「先週も朝起きられず、しかも歩いていません。全然ダメです」

   自己嫌悪で頭を抱え込む。ただ全く体を動かしていないわけではない。週末恒例の子どもとのサッカーはできなかったが、「休みの日ぐらいは汗をかかないとマズイ」と、早足でウォーキングしたのだ。この自主性を平日にも継続できるかが課題なのだが...。

キヨシさん「仕事が多忙になってきて、疲れがたまっているのかもしれません。帰宅や就寝が遅くなり、早起きする気力が出ないんです」

   「ハァーッ」とため息をつき、弱気モード一辺倒。聞けば、いったん下がった体脂肪率の数値もまた23%台に逆戻りしたという。スランプに陥ってしまったのか。

編集部「朝が無理となると、ランチタイムを有効に使うしかないですね」
キヨシさん「ええ、でも30分ウォーキングしたら昼食をとる時間がなくなってしまうので、悩んでいるんですよ」
ダイエット開始から2か月強で約6キロ減も、表情はイマイチ
ダイエット開始から2か月強で約6キロ減も、表情はイマイチ
注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中