日本人の3人に1人はアレルギー疾患 花粉症の意外な症状から大病に

印刷
【たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学】(テレビ朝日系)2016年2月23日放送
「アレルギーのスペシャリストが警告!」

   鼻水にくしゃみ、せき、目のかゆみと、今の時期は花粉症に悩まされる。花粉のような原因物質に体の免疫が過剰に反応して起こるのが、アレルギー疾患だ。実に日本人の3人に1人が、何かしらのアレルギーを抱えているという。

   札幌医科大付属病院アレルギー外来の白崎英明医師は、「初めは軽くて見過ごされがち」な自分のアレルギー疾患に気づくことが、何よりも大事だと指摘する。

  • 花粉を吸わないのが何よりの予防
    花粉を吸わないのが何よりの予防

放置すると全身アレルギー反応、呼吸困難に

   番組では、初期症状に気づくべき特に重要な疾患を3つ挙げた。

   まず第3位が、成人ぜんそく。厚生労働科学研究費補助金で運営されている「リウマチ・アレルギー情報センター」ウェブサイト(2016年3月31日閉鎖予定)によると、20歳より前にぜんそくを発症した患者が20%なのに対して、20~40歳が30%、40歳を超えてからのぜんそくが半数に上る。大半は成人ぜんそくなのだ。

   初期症状はせき、息切れ、「ゼーゼー」という呼吸音の3種類。いずれかひとつが、夜中から朝方3、4時頃に出始めたら要注意だ。夜間は炎症を抑えるホルモンが減少するので、気管支の炎症が悪化するという。

   第2位はアレルギー性副鼻腔炎、いわゆる蓄のう症だ。この病気の原因は、ウイルスや菌の感染、またはダニやカビなどのアレルギーで、特に問題なのが後者となる。初期症状は、鼻が詰まっていないのににおいが分からなくなるというもの。この症状に気づかないまま過ごすと、鼻にポリープができてしまい手術せざるを得なくなる。

   そして1位は、今や国民病とも言える花粉症。白崎医師によると、約2割の患者にくしゃみや鼻水以外の症状が出ることがあるそうだ。

白崎医師「放置すると、全身のアレルギー反応が起きて呼吸困難になることがあります」

   いったい、どんな症状なのだろうか。

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中