気持ちの良いシャンプーの後で卒倒 「美容室脳卒中症候群」が怖すぎる

印刷

   美容院や理髪店で、仰向けになって髪の毛を洗ってもらう。ゆったりとくつろぐ至福のひとときだが、それが健康を損なう危険につながるとは――。

   英国で散髪によって脳卒中を発症した男性に、理髪店が損害賠償として9万ポンド(約1314万円)を支払うことになり、話題になっている。2016年12月13日付 AFP通信など複数の海外メディアが報道した。

  • 頭を後ろに反らせる姿勢が危ない
    頭を後ろに反らせる姿勢が危ない

美容院では何でもなくても、帰宅後に倒れる

   AFP通信の報道によると、英スコットランド南部ブライトンに住む男性デーブ・タイラーさん(45)は2011年に、自宅近くの理髪店で散髪と洗髪をしてもらった。散髪から2日後、商談中に突然倒れ、救急搬送された。病院の医師から「最近、散髪に行きましたか?」と聞かれた。医師は、洗髪の際に首を後ろに反らせる姿勢により血管が圧迫され、血栓ができて脳卒中を引き起こしたと診断した。

   タイラーさんは3か月間入院、退院後も後遺症で歩行の際に杖が必要になった。弁護士をたて、理髪店が頭部を適切に保護することを怠ったと主張。このほど理髪店側が損害賠償支払いに応じた。

   タイラーさんの症状は、医学的には「美容室脳卒中症候群」(ビューティーサロン・ストローク・シンドローム)と呼ばれる。仏の文豪スタンダールにちなみ「スタンダール症候群」ともいう。スタンダールはある聖堂を訪れた時、高い天井や窓に描かれた名画を見上げている最中、激しい動悸に襲われ、卒倒した。この体験を「イタリア紀行」に書き残したことに由来する。

   高い所を見上げる姿勢を続けると、首の動脈が圧迫され脳への血流が止まるので、動悸、めまい、吐き気などが起こる。同じ症状が美容院のシャンプー台の上で起こるのだ。東京医科大学整形外科のウェブサイトでは「スタンダール症候群」の項目を設け、注意を呼びかけている。それによると、発症メカニズムはこうだ。首の後ろ側には脳へ血液を運ぶ椎骨動脈がある。洗髪で長時間首を後ろに反らせていると、この血管が圧迫される。その結果、脳に行く血流が一時的にストップする。血小板の流れが滞り、小さな血の塊の「血栓」がたくさんできる。

   洗髪が終わり、首を元の位置に戻す時、せき止められていた血流が一気に脳へ流れると、血栓が脳の毛細血管に入り、詰まらせてしまう。これが脳卒中だ。頭痛や吐き気、めまい、手足のしびれ、冷や汗、首や後頭部の痛みや違和感が起こったら要注意だ。美容院では何でもなくても、帰宅後に倒れるケースもあり、重症の場合は失神する。ただし、意識障害が残るケースは少ないという。

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中