肝心な時に声が震え、足はガクガク... 緊張の特効薬は「変顔」「タオル」

印刷

【オトナヘノベル】(Eテレ)2016年12月22日放送
「もう緊張に負けない!」

   面接やプレゼン、試験の前、好みの異性と話す時...などなど、人生には緊張が付き物だ。体はガチガチに、声は震えてしまい、全然上手く行かない――こんな経験がある人もいるだろう。

   緊張する状況下で堂々と振る舞うにはどうしたらよいのか。番組では、欅坂46の石森虹花さんが、緊張しすぎる自分に悩む女子高校生・名木心音(なぎ・ここね)を演じ、打ち勝つ方法を再現した。

  • ドキドキで胸が苦しくなったら(写真はイメージ)
    ドキドキで胸が苦しくなったら(写真はイメージ)

考えてきたバイトの志望動機も忘れ...

   大事な試験の時は必ず腹痛を起こし、イケメンの同級生に話しかけられれば焦って早口でまくし立ててしまう心音。カフェのアルバイトの面接に出向いたが、「バ、バイトの面接に来た、名木です!」と、第一声から声がひっくり返ってしまう。

   店長からの「何年生?」との質問に対しても、「こ、こ、高2でござります」と変な言葉遣いに。しまいには何度も練習した志望動機も忘れてしまい、「特にありません」と言ってしまった。

   緊張で失敗した日には家でお菓子を作る。バニラエッセンスの甘い香りをかぐと心が癒され、落ち着くのだ。

   お菓子作りの最中、友人からの連絡で授業のプレゼン発表が明日に迫っているのを思い出す。家族に緊張しない方法を聞くが、母からは「人って字を手に3回書いて」、姉からは「みんなカボチャかナスだと思え」、父からは「水のガブ飲みが効く」と、あまりためにならないようなアドバイスばかりだ。

   わらにもすがる思いで、プレゼンの前に全て試してみる。クラスメートの高杉豪の堂々たる発表を聞いていると、水のガブ飲みのせいか、腹が痛くなってきてしまった。

   心音の順番になったが、クラスメートがカボチャやナスに見えるわけもなく、声が裏返りみんなに笑われる。結局「お手洗いに行ってきてもいいですか...?」と途中で教室を出てしまった。

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中