「カフェインなし」エスプレッソ飲料 スタバ「ラテ」など全10商品に対応

印刷

   スターバックスコーヒーは2017年1月11日から、「エスプレッソ ビバレッジ」に分類される飲料すべてで「デカフェ」での注文に対応する。運営するスターバックスコーヒージャパン(本社・東京都品川区)が1月5日、ウェブサイトで発表した。

   デカフェとはカフェインを取り除いたコーヒーのことで、「夜遅いけど、ゆったりとコーヒーを飲みたい」「気分転換に美味しい1杯を楽しみたい」といったニーズに応えた。

  • スターバックスはデカフェでの注文に対応する
    スターバックスはデカフェでの注文に対応する

二酸化炭素と水だけで99%以上除去

   「エスプレッソ ビバレッジ」には、「スターバックス ラテ」「カプチーノ」「エスプレッソ マキアート」など10種類がある。

   プレスリリースによると、コーヒーからカフェインを取り除くには薬品を使用すれば簡単だが、スタバのデカフェはコーヒー本来の風味をできるだけ損なわないよう、薬品を使わずに二酸化炭素と水だけでカフェインを99%以上除去するという。

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中