わが子が「ADHD」でホッとするママ 診断を受けると1人で悩まずにすむ

印刷

   子どもに多い発達障害の「ADHD」(注意欠陥・多動性症)。ADHDの子どもを持つ母親の約6割は「ADHDと診断され、子どもの行動の原因がはっきりしてほっとした」と、むしろ前向きに受け止めていることが塩野義製薬とバイオテクノロジー大手シャイアー・ジャパンが行なったアンケート調査でわかった。

   調査では、母親の約4割が他人からの指摘で子どもの症状に気づくことや教師が親とコミュニケーションを取りづらい実態も明らかになった。

  • 子どもの特性を知ることから始めよう
    子どもの特性を知ることから始めよう

「育て方が原因ではないと知り安心した」

   塩野義製薬などが2017年2月14日に発表した資料によると、調査はADHDの子どもを持つ母親283人と小学校教師103人を対象に2016年12月に行なわれた。ADHDは、(1)忘れ物、なくし物が多いなどの「不注意」、(2)落ち着いて座っていることができないなどの「多動性」、(3)欲しい物があると激しくダダをこねるなどの「衝動性」が特徴。18歳以下の約5%にみられるという。

   子どもの行動が「性格」なのか「病気」なのか判断が難しいところだが、母親に「子どもの行動の原因が病気かもしれないと感じたきっかけ」を聞くと、半分以上の51.2%が「周りからの指摘」と答えた。指摘してくれたのは保育園・幼稚園・小学校の担任が61.4%、次に多いのが祖父母で22.1%だった。

   「自分の子どもがほかの子と違う困難を抱えていることをどう思っていたか」を聞くと、「何らかの発達障害だと思っていた」が34.3%、「子どもの性格だと思っていた」が31.8%、「ADHDだと思っていた」が21.9%、「多少、ほかの子より活発なだけと思っていた」が19.1%で、「性格」と思っていた人が多い。

   そして、医療機関を受診し、「子どもがADHDと診断された時の気持ち」を聞くと(複数回答)、「症状の原因がはっきりしてほっとした」という人が一番多く59.7%だった。また、「今後の子育ての取り組み方がわかってほっとした」(44.9%)、「育て方が原因ではないことがわかり安心した」(41.3%)と続き、前向きに受け止めている人が多い。もちろん、「子どもの将来が心配で落ち込んだ」(41.7%)、「学校のサポートが得られるか不安になった」(27.9%)と不安を覚えた人も少なくない。しかし、全体の68.5%が「医療機関に行ってよかった」と答えている。

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中