体温が1度下がると、基礎代謝が12%も落ちる? 体温をあげる簡単5つのコツ

印刷

こんにちは。三軒茶屋で女性の為のプライベートオーダーメイドメンテナンス鍼灸院の「アムラス鍼灸」を経営している美月綾乃です。

連載15回目のテーマは「体温を上げれば、痩せやすくなる?」です。

まさに体の芯から冷えるこの季節、手足も常にキンキンに冷えてしまうし、体もむくみやすくなんだかだるい、と感じる方も多いと思います。

  • 冷えに効くツボ、三陰交(さんいんこう)
    冷えに効くツボ、三陰交(さんいんこう)

筋トレが大事

そして、特に冬に感じること。年末年始に食べ過ぎたものが、年齢を重ねるごとに、だんだんと落ちなくなってきているどころか、下半身に肉が付きやすく、以前のように少し食事を気を付けただけでは体重も落ちにくくなっている――。(恐怖!)

それはなにげない生活習慣や姿勢、睡眠、食事、運動習慣が原因で体温が下がり、基礎代謝も下がってきているからです。

体温が1度下がると、基礎代謝が12%も落ちるって知っていましか?

基礎代謝をあげるには、まずは体温をあげることが大事!

普段から、冷えないように着こんだり、温かい環境で過ごしたり、という意識もとても大切ですが、長期的には、熱の産生量が高い筋肉をつけていくことこそが、体温を上げていくことつながります。

毎日できるながら筋トレや、簡単な意識をいくつかご紹介していきます。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中