「ロスジェネ」のデモ、誰にアピールすべきか?

印刷

   昨年(2008年)10月、麻生邸を見に行って騒動になった人たちが、日曜日(3月8日)に再び反政府デモを行ったらしい。“反貧困”や“ロスジェネ”をテーマに掲げて活動中のグループだ。今度は届出を済ませて、完全に合法的にしたそうだ。

   基本的にはいかなる形であれ、行動に移すのは良いことだと思う。そういう部分が日本に足りないのは事実だし、問題を世間にアピールするメリットもあるのだろう。

   ただ、肝心なのはアピールの中身である。正直に言うと、デモの相手がちょっと違うんじゃない?という違和感を持ってしまった。

正しいデモ相手は連合や社民党だ

   麻生さん(別に小沢さん鳩山さんでもいいが)は確かに金持ちだが、昔から金を持っているわけで、派遣切りやワーキングプアとは何の関係もない。「金持ち=悪」というのは共産主義ならともかく、少なくとも現代日本では成立しないロジックだ。

   きっとこういったデモに参加される方は、日々正業に精を出され、忙しい合間を縫って活動をされている真面目で健全な一市民だろう。そういった方の余暇を空振りで終わらせるわけにはいかない。ということで、今回は僕が「正しいデモ相手」をコンサルしてあげよう。

 1.連合

   言わずと知れた既得権集団、彼らの賃下げリストラ回避のために、就職氷河期や非正規雇用が拡大した事実は、党の連合会長自身も認めている。とりあえずデモするのなら、一番のオススメスポットは連合本部のある総評会館だ。

 2.社民党

   その連合にぴったりはりつく金魚の糞、社民党も外せない。しょっちゅう「派遣法改正で格差が拡大し~」と言ってるが、90年代、自分たちが与党にいる間に改正作業を進めていた事実は綺麗に忘れてしまったらしい。悪びれもせず、いまだに人材市場流動化に反対し続けているんだから救いようがない。無駄にでかい本部ビルは格好のデモスポットだ。

   番外編としては、貧困ネタで大儲けのモリタクもいいかもしれない。テレビで適当なこといって議論の足引っ張るだけで今の地位を掴んだわけだから、“ロスジェネ”の敵と言ってもいい。都内にビルを買おうとしているらしいから、将来のデモスポット候補としてオススメしたい。

同世代の貧困を政治利用するな

   よし、じゃあさっそく、次回は上記のような相手に喧嘩してみような。もう無関係な人に迷惑かけるんじゃないぞ。

   それでも「とにかく与党相手じゃないとダメ!!」とダダこねるのであれば、“反貧困”なんて看板は捨てて、ちゃんと本当の活動理由を明らかにするといい。プラカードには「憲法改正反対!」でも「打倒日帝!」でも、君らが腹の底で本当に考えていることを正直に書くといいよ。それについては別に何も言うつもりはないから。

   僕が言いたいのは要するに、同世代の貧困を政治利用するなということだけだ。

城 繁幸

>>29歳の働く君へ・記事一覧

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中