視線がマウス代わりになる! フォルクスワーゲンのウェブサイト

印刷

   1984年のマッキントッシュ誕生に伴うマウス実用化以来、コンピュータの入力方法はさまざまに発達してきた。最初のパソコンは、キーボードでコマンドを入力できる人しか操作できなかったが、マウスやトラックパッド、タッチパネルなど新しい入力技術が実用化されるたびに利用者が広がっている。

   最近は、さらに新しい入力方法が実用化されはじめている。それが「視線入力」だ。ウェブカメラでユーザーの視線を認識し、眼球の動きだけでコンピュータの操作を可能にする「視線認識技術」というしくみである。

視線を3秒止めるとクリックされる

泥ハネもリアルに再現(「Extreme Best Drive」より)
泥ハネもリアルに再現(「Extreme Best Drive」より)

   視線認識という先進技術を消費者向けに使っているのは、フォルクスワーゲン社のピックアップトラック「Amarock(アマロック)」をPRするキャンペーンサイト「Extreme Best Drive」である。

   アマロックは、コンディションのよくない道路での走りを得意としており、サイトではさまざまな悪環境での走りをCGで再現している。

   四隅にあるボタンを選ぶと、アマロックが走るベルトコンベアーが即座に「Tarmac(アスファルト)」や「Stone(岩場)」「Sand(砂)」「Mud(泥)」に変わる。泥道ではオフロードABSが作動したり、アスファルトなら最大49度の傾斜でも走行できるなど、相当にタフなクルマであることが分かる。

   この四隅のボタンはマウスのほか、「視線」でも操作することができる。ウェブカメラを準備して視線を動かすと、視線に合わせてマウスカーソルが移動する。操作したい個所で3秒ほど視線を止めると、クリックと同じ動作となる。

   筆者が試したときは、視線とは異なる部分にカーソルが移動するなど誤作動もあった。ウェブカメラの品質や視線の動かし方、筆者の目の細さにも原因があったかもしれないが、新鮮な体験であることは確かだ。

重度障害者用にも使われる視線認識技術

視線入力とマウス入力が選択できる
視線入力とマウス入力が選択できる

   視線認識技術は、医療現場での活用も期待されている。WIRED.jpによると、スウェーデンのTobii社が、重度障害者用意思伝達装置として「マイトビーP10」を日本で販売しているという。

   画面に表示されたキーボードの各ボタンに視線を合わせると、指定された文字を入力することができる。手足が不自由なひとがパソコンで文書作成を行ないたいときに、その作業スピードを上げることができる。

   アマロックと最新のIT技術との間には、一見するとあまり関係がない。先進技術に興味を持つ人たちにアマロックを売り込みたいのかもしれないし、ちょっとした遊び心なのかもしれない。

   ただ、価格キャンペーンや受賞歴などが並ぶ日本のフォルクスワーゲン社のサイトと比べると、クルマの運転を仮想体験できるサイトの方が、商品自体を力強くアピールできることは間違いない。

   これまで味わったことのない身体的体験をしたユーザーは、「Extreme Best Drive(極端に最高のドライブ)」を追求する商品や企業の姿勢を強く印象づけられたことだろう。(岡 徳之

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中