二代目社長がウンザリ! 「何かと口をはさむ創業会長」の意図は何なのか

印刷

   世の中、創業社長と二代目の対立は実に多いもの。食品メーカーのD社長も、そんな愚痴が絶えない一人でした。創業者は実の父親で、病気療養で2年前に第一線を退いたものの、代表権のある会長として実権を持ち続けていたからです。

「社員が会長の方ばかり向いていて、俺の面目なんてありゃしない。俺がいろいろ決めても、鶴の一声でひっくり返っちまうんだから。だったら俺に『名ばかり社長』なんてやらせず、死ぬまで自分で社長をやっていればよかったんだ」

社長の人事案が却下「これじゃ面目が丸つぶれだ」

創業者と二代目、親子の関係は難しい
創業者と二代目、親子の関係は難しい

   確かにD社長の気持ち、良く分かります。健康を害したという事情によるものとはいえ、社長のイスを一度は譲った以上、余計な口出しはしないで欲しいというのは、後継者なら誰しもが思うところではないでしょうか。

   一方で、創業者の想いを考えると、自分が立ちあげ育ててきた会社ですから、何かにつけて気になるところは口を出したい、おかしなことにはして欲しくない、そう思うのも、またごもっともなことにも思えます。

   ただ双方の立場を踏まえても、社長のイスを息子に譲った時点がターニングポイントとわきまえて、会長は新社長のお手並みを黙って見守るべきなのでは、と思ったものでした。

   そんなある日に、またD社長から強烈な愚痴が飛び出しました。

「E課長を部長に昇格させるという人事案を会長にあげたら、即断で却下されちまった。Eくんには内々で頑張ってくれと言ってしまったし、俺の面目は丸つぶれだ。もう別会社作ってやめようかと本気で考えはじめたよ。大関さんからも親父にひとこと言ってやってくれ」

   どこまで本気かは別にして、社長が辞意を表したのですから一大事です。クライアントの会社がバラバラになっては私も困るので、D社長をなだめつつ会長に面会を申し込みました。第三者として「何かと口をはさむ会長の意図」を正確に聞いておく必要があると感じたからです。

「俺と考えが違うなら、なぜ面と向かってハッキリ言わない?」

   会長室に入ると、会長は開口一番「おう、社長の使いか」と言いました。

「いえ、御社をお手伝いする身として、今後の経営に対する会長のお考えをしっかりと把握しておかないといけないと思いまして」
「そんなことはどうでもいいんだよ。社長に伝えてくれ。俺と考えが違うなら、なぜ面と向かってハッキリ言わない? そういうところが経営者として物足りないんだ。責任感がないから言えないんだろう。そんな二代目じゃ、会社はつぶれるぞと」

   創業者の後を受けるのは楽なようで、並大抵のことじゃ務まらない。何事に対しても自分が新たな創業者だといえる気概を持ってやれなければ、社員たちは二代目についていこうとは思わないだろう。そういう言い分なのです。

   すでにあるものを引き継ぐ大変さを、会長がどの程度理解していたかどうかは分かりませんが、二代目に「自分は仕方なく跡を継いだ」という甘えがあっては、社員に示しがつかないという危機感があったのではないでしょうか。昭和ひとケタ生まれの不器用なやり方ですが、社長の自立を促したくて敢えてやっていた「院政」だったようです。

   そのことを伝えたところ、D社長は「回りくどい…」と苦笑しました。そして自分が考える経営方針をあらためてまとめ、会長のところへ説明に行ったようです。そのときは親子ではなく、経営者同士の真剣な話し合いが行われたことでしょう。

   会長も吹っ切れたのか、翌年の株主総会で退任して相談役に。月に1、2度会社に顔を出す程度になり、会社は二代目の発想で販路を拡大するなど新たな成長軌道に入っています。この一件以来、二代目から院政創業者の相談を受けるたび、「自分の考えを経営者の立場で伝えること」の重要さを説明しています。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中