24分の1秒が計れるストップウォッチって、知ってますか?

印刷

   日本のアニメは1秒24コマでつくられています。北米で仕事をしたときに、アニメも国によってはフレームレートが異なるということを知りましたが、基本的には、日本では24コマ分を撮影したものが1秒となります。

   アナログからデジタルに移行したばかりのころ、デジタルのフレームレートに合わせて30fps、つまり1秒を30枚分に換算して作画をしていた時期もありました。枚数が増え過ぎてコストがかさんだため、結局、1秒24コマに戻りました。

100分の1秒の「普通のツール」では仕事に不便

ウェブ制作で使われる30コマ単位も選択可能なJAniCA Watch 1/24秒計ストップウォッチ
ウェブ制作で使われる30コマ単位も選択可能なJAniCA Watch 1/24秒計ストップウォッチ

   アニメーターや演出は、コンテに指示されたカットごとの演技のタイミングを「タイムシート」というものに落としこんでいきます。音楽でいえば五線譜のようなタイムラインを設計する譜面を、アニメではタイムシートといいます。

   このタイムシートはA3ほどの大きさで、1枚が6秒分です。「グリコ、バナナ、チヨコレート」と12歩歩くとタイムシート1枚分、144コマとなります。

   このタイムシートに、アニメーターや演出はコンテに指示されたカットごとの演技のタイミングを落としこんでいくのですが、問題がひとつあります。

   ほとんどのアニメーターや演出は、演技やセリフのタイミングを計るためにストップウォッチを使っているのですが、いつも秒数ぴったりの演技というわけにはいきません。たいていは、「5秒78」とか「3秒18」など、中途半端な秒数になります。

   24分の1秒の世界と100分の1秒の世界をつなぐためには、細かな計算が必要になります。しかし、もしも24分割のストップウォッチがあれば、換算する必要はなくなります。

「そんなストップウォッチがあったらいいのになあ」

   必要は発明の母とはよく言ったもので、それを特注で作ってしまった監督がいました。彼がまだスタジオジブリで演出をしていたときに、メーカーと協力して1秒24分割のアナログのストップウォッチを開発し、限定で販売したことがありました。

「特殊用途」の仕事ツールがアニメを支える

   「1/24秒計ストップウォッチ」製作の経緯については、サイフォン合同会社のウェブサイトの中で紹介されています。

   そのなかでも触れられていますが、製作のきっかけは、国内で唯一のストップウォッチ製造卸売会社でたまたま見せてもらった「1周6秒、1秒を25等分した特殊用途のストップウォッチ」でした。「文字盤さえあれば(機構は)作れるよ」と言われ、それならばと、「1/24秒計ストップウォッチ」が誕生しました。

   日本の製造業の強みは職人による匠の技と言われますが、精密機器業界の「特殊用途」のツールがアニメの技芸を支えるというのは面白いものです。

   残念ながらこのストップウォッチは、アナログ技術を継承する人材が不足していることや、材料が希少になったことなどの理由から継続して生産されませんでしたが、このアイデアはデジタルストップウォッチとして引き継がれています。

   現在、1/24秒計ストップウォッチは「JAniCA Watch 1/24秒計デジタルストップウォッチ」というiPhoneアプリとしてApp Storeで購入できます。実際に1/24秒計を使ってみると、アニメーターの仕事がちょっと想像できるかも知れませんね。(数井浩子)

数井浩子(かずい・ひろこ)
アニメーター、演出家。『忍たま乱太郎』『ポケットモンスター』『らんま1/2』『ケロロ軍曹』をはじめ200作品以上のアニメの作画・演出・脚本などに携わる。『ふしぎ星の☆ふたご姫』ではキャラクターデザインを担当した。仕事のかたわら、東京大学大学院教育学研究科博士後期課程に在籍。専門は認知心理学
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中