今年の年賀状は「写真や動画」もお届け!? スマホで「らくらく」が進化中

印刷

   忘年会の予定やら、仕事の年末進行の話が出始め、いよいよ一年が終わりに近づいていることを実感している。ということは、そろそろ年賀状の準備を始めないといけないのだが、まだ本腰でかかる気にはなれない。

   年賀状は一年の始まりを知らせてくれる気持ちのいいものだが、誰宛に書くべきか考えたり、年賀状を買いに行ったり、手書きで一つひとつ住所を書くというのは、正直(申し訳ない気もするが)、とても面倒なものだ。

スマホ片手で、デザイン?投かんまで

デザイン編集の画面
デザイン編集の画面

   パソコン向けの専用ソフトなど効率的に年賀状を作れるサービスもあるが、最近ではスマートフォンを操作するだけで簡単に作れるものもある。中には、相手の住所を知らなくても送ることができるという優れモノも。

   日本郵便が提供する無料のiPhone / Androidアプリ「はがきデザインキット」では、すでにはがきのデザインテンプレート集が用意されている。好きなものを選び、写真を挿入したり、テキストを追加したりして編集することができる。イチから自分でデザインすることも可能だ。

   作成したはがきは、自宅のプリンタで印刷したり、オンラインで印刷から投かんまで注文したりすることができる。相手の住所が分からなくても、iPhone版なら電話番号かメールアドレス宛、Android版ならmixi IDもしくはTwitter ID宛に送ることができる。印刷だけして、自宅で受け取ることもできる。

   決裁はクレジットカードかコンビニ、通信キャリアからの請求かYahoo!ウォレットで行う。

年賀状送る予定「ある」が54.8%

郵送方法を選択する
郵送方法を選択する

   佐賀県にある印刷会社、音成印刷もスマートフォンと掛け合わせた年賀状のサービスを提供している。年賀はがきに印刷されたQRコードをスマートフォンやタブレット端末で読み取ると、その画面上で送り主からの写真や動画を視聴できるという。

   このほか、写真を撮るだけで子育ての記録ができるスマートフォンアプリ「KiDDY」も、投稿した写真の中から選び、デザインテンプレートを選ぶだけで年賀状を作成、投かんできるサービスを始めている。

   リサーチ会社リビジェンが行った調査(11月19日発表)によると、今年年賀状を送る予定が「ある」という回答は54.8%だった。昨年年賀状を「送った」が54.6%だったことを考えると、年賀状に対する需要は意外にも踏みとどまっている。

   一定の需要がある紙の年賀状を、最新のテクノロジーを掛け合わせることで、より簡単に、もしくは楽しくするのがこの年末のトレンドのようだ。これなら、途中で心折れることもなくなる、か?(岡徳之)

紙の年賀状、出しますか? 何枚くらい?
出す。100枚以上
出す。50枚以上100枚未満
出す。50枚未満
出さない。メールなどでOK
その他(まだ決めてない等)
インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中