働く女性のクリスマス・イブ 「デート予定は12%」が意味すること

印刷

   明日のクリスマス・イブ、働く女性たちはどんな過ごし方をするのだろうか。デートを予定しているのは12%、という調査結果も出ている。

   2013年12月上旬の2日間に、マーケティング会社トレンダーズがインターネットで実施した調査結果をウーマンエキサイトがネットで報じている(12月10日)。記事によると、イブの夜の過ごし方について、有職女性300人に尋ねたもので、最多は、「仕事」と「家でくつろぐ」がともに29%で並んだ。以下、「デート」12%、「ホームパーティ」8%などと続く。「理想のイブ」については、「恋人とデート」との回答が最多で51%となっており、先の「12%」と比べると、理想と現実のズレが浮き彫りになった形と言えそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中