消費増税後、景気「現在より上向く」6割 日経「社長100人アンケート」

印刷

   日本経済新聞社の「社長100人アンケート」によると、2014年4月の消費増税から約半年後の国内景気を聞いたところ、「現在より上向く」という回答が60.6%に達し、9月に実施した前回調査を約20ポイント上回った。同社が12月23日にまとめた。

   景気が上向く要因として挙げられたのは、「個人消費の回復」(49.4%)が最も多く、「米国の景気改善」(30.3%)が続いた。足元の国内景気は95.9%が「拡大している」と答え、前回調査より2.1ポイント増えた。

   アンケートは国内主要企業の社長(会長、頭取などを含む)を対象に、四半期ごとに実施しており、今回は12月4日から20日までに147社から回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中