「新年の抱負」が早くも崩壊の危機 目標達成に向け今やるべきコトとは

印刷

   2014年の元旦も、多くの人々が一年の抱負をツイッターでつぶやいていた。ところが、1月も半ばを過ぎてくると、早くも「普段の自分に逆戻り」という人も現れ始めたようだ。「新年の抱負」をなんとか守り通す方法はないものなのか。

   まとめサイトの「mery.jp」が元旦に配信した、2014年元旦にツイッターでつぶやかれた「新年の抱負ベスト5」の記事によると、1位は「時間を大切にする」だった。以下、2位「変わる」、3位「人間関係をよくする」などと続いた。

「3日坊主」に終わらせない

   こうした抱負や決意は、「3日坊主」に終わることが例年多いのか、早くも1月4日には、ビジネスマン向けサイト「International Business Times」が、新年の抱負や目標を見失わないためのコツに触れた記事を配信していた。

「毎日なりたい自分をイメージする」「同じ目標を持つ友人や家族を見付けて共にがんばる」「日記を付けて記録する」

などと、「意志を強くもって…」系の項目が並んでいた。

   一方、「具体的に限定したものより、漠然とした目標を設定すること」を勧める記事もあった。

   日経トレンディー記事「新年の抱負を実現する究極のコツ」(1月8日配信)によると、目標に向かってモチベーションが活性化されている時は、厳密になるより、柔軟性や適応性を備えて、なんとなくやっている方が良い結果が出ることが分かった、とする実験結果もあるという。(NF)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中