「週2回の遅刻」「月曜と火曜の欠勤が多い」は「うつ休職」の兆候? 人事支援会社が新サービス

印刷

   適性検査やストレス分析を通じて企業の人事を支援する「サイダス」は、欠勤や遅刻の状況から、従業員がうつ病で休む前兆を見つけて会社に警告を送るサービスを、2014年2月中旬から始める。朝日新聞が2月9日、報じた。

   大量の情報を分析するビッグデータの手法を活用。サイダスは約3万人のサラリーマンのデータを集めて、うつ病で休んだ人の性格の特徴や病気にかかる前の勤務状況を分析し、ストレス耐性の低い人がうつ休職する場合に一定の勤務パターンがあることを見つけた。

   たとえば、「週2回遅刻し、月2回欠勤」「月曜と火曜の欠勤が多い」「午後10時以降の残業が頻繁に続く」といった勤務パターンは、「うつ休職」の危険な兆候という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中