「カンボジアのお金持ち」に日本の古着が大人気 周りと違うものが欲しい!

印刷

   私が東京からフィリピンに引っ越すときに、多くの家財道具をリサイクルショップに引き取って貰いました。無料で。

   それなりに質のいいモノは日本国内のリサイクルショップで売るのですが、汚れが目立ったり、部品が一部欠品したりしているものは無料でも引き取って貰えません。しかし、「実は、質の悪い物も引き取ってくれる業者があるんですよ」と持ちかけられ、紹介された業者に「これどうするんですか?と聞いてみたら、意外な答えが返ってきました。

プノンペン郊外の日本人経営リサイクルショップへ

カンボジア、ヤバイ!
カンボジア、ヤバイ!
「フィリピンへ持っていくんですよ」

   私、これからフィリピンに引っ越すんですけど…。

   日本の厳しい消費者に受け入れられない製品はフィリピンを始めとするアジアの途上国に送って、現地のリサイクルショップで売るそうです。

   というわけで、私はカンボジアの首都、プノンペン郊外の日本人経営リサイクルショップにいってきました。

   ここには、日本のB級リサイクル製品があふれています。

   アサヒビールやキリンビールのノベリティのグラス、ひな人形のばら売り、森進一の写真が入った時計など、確かに日本ではあまり売れないような物が山積みです。

   また、店の半分は洋服売り場で、大量の日本の古着が吊されています。

   この店の管理をしている方に「どんな人が買ってるんですか?」と聞いてみました。

「このあたりに住んでいる、金持ちのカンボジア人。特に政府関係の人達が多いですね」

魅力的に映る「異国の地から送られてきたもの」

   プノンペン市内から15分くらい離れたこの場所には、あばら屋などの家がならんでいるのですが、一部にものすごく綺麗な一戸建てが建ち並ぶ土地があります。そこの分譲住宅は一戸2000万?5000万円するような高級住宅。ここに、政府高官がたくさん住んでいるそうです。

   その住宅地を歩いて見ると、レクサスやレンジローバーといった高級(かつ頑丈)な車が停まっています。そして、いかにも裕福そうな家族が楽しそうに庭でバーベキューを楽しんでいます。

「1日平均170人くらい来店があって、1200ドル以上売り上がるですよ。多いときは2000ドル超えますね」

   プノンペン市内を歩いているとわかるのですが、物の選択肢が非常に少ないです。生活に必要なものは手に入るのですが、人と違うもの、持っていると嬉しくなるものを手に入れるのは困難です。そこで、このような、異国の地から送られてきたものは、新しいものが欲しい現地の金持ちにとってとても魅力的なのです。

『白い恋人』の空き缶も売れる!?

「ちなみに、ちょっと壊れたホンモノのヴィトンのバッグなんかは、全然売れないんですよ」

   どうやら、彼らにとってヴィトンのバックは、市場で売っている偽物のイメージが強く、高級でも何でもない模様。

「そして、これはチャレンジなんですけど、『白い恋人』の空き缶を売ってみることにしたんですよ。3ドルで。たぶん売れるんじゃないかと思うんですけどね」

   市場によって求められるものは違う。上手くマッチングすれば多くの人を幸せにする。まるで海外就職と一緒だなと思った、カンボジアのリサイクルショップでした。


   サムライカレープロジェクトのWebページで、このリサイクルショップの模様を、たくさんの写真入りで紹介しています。カンボジアビジネスにご興味のある方、ぜひご覧ください。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中