東京五輪、どれだけ新規雇用を生み出すか 「人手不足の深刻化」予測も

印刷

   リクルートホールディングス傘下のリクルートワークス研究所は、2020年の東京オリンピック開催で、2013~20年までに81万5000人の新規雇用が生まれるとの試算を、14年4月17日に発表した。建設業とサービス業が6割を占める。

   最も人材需要が高まるのが建設業。競技施設や道路の整備のため、20年までの8年間で約33万人の人手が必要になる。警備や通訳などのサービス業、飲食・宿泊業などでも新たな雇用が生まれ、この結果、失業率は1.2%改善するという。

   ただ、人手不足はますます深刻化しそう。リクルートワークス研究所は、「高齢者の活用など人材確保の新しい仕組みが必要」としている。

決算書を読むトレーニングブック決算書を読むトレーニングブック
ジェイキャスト決算書を簡単に読む会 村井 敞

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press) 競争の戦略 戦略の本質 (日経ビジネス人文庫) 考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉

by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中