44歳で初体験 カンボジアではじけた好奇心

印刷

   私が主催している海外起業体験プログラム「サムライカレープロジェクト」では、老若男女だれの参加も受け付けています。

   しかし、ある日届いた参加申込書を見て「さすがにこれは断るべきか…」と思いました。

   彼は、44歳でまだ一度も海外に行ったことがなかったのです。

東京とプノンペンとの「落差に耐えられるのか…」

サムライカレープノンペンからの街並みは、こんな感じです
サムライカレープノンペンからの街並みは、こんな感じです

   東京生まれ東京育ち。東京の会社に勤務して、英語で話をする経験もなし。海外旅行どころか、1週間以上連続で東京都以外に宿泊した経験もないという時点で「(カンボジアの)プノンペンとの落差に耐えられるのか…」と思ったのです。

   サムライカレープロジェクトは、起業体験プロジェクトというだけあって、現地どっぷりの生活をします。道が舗装されていないところもあるので、砂埃によって部屋はすぐに汚れます。原料調達は、どローカルの市場なので、日本語はおろか英語も通じません。街中には電車はもちろんバスもほとんどなく、タクシーすら目にすることは稀なのでトゥクトゥク(原チャリで荷台を引っ張る乗り物)がメインの乗り物になります。

   世界屈指の清潔さを誇り、街中に美しく機能的に陳列されたスーパーマーケットがあり、分刻みで電車が動く東京とは別世界。44歳での初体験でカルチャーショックでパニックにならないか、実に不安でした。

   転職の合間に、サムライカレーに参加することにした彼。動機を聞いてみると「今まで体験したことがない世界を知りたかった」

   「だったら、体験してもらおう」ということで、思い切って来てもらうことにしました。

   実際参加してみると、私の心配は杞憂でした。

   空港に迎えに行くべきか…と思ったのですが、あえて自力で来てもらったら、トゥクトゥクが1時間以上迷ったあげく何とか到着。新メニュー開発担当に任命したところ、市場で材料を勘で仕入れることはもちろん、向かいのおばちゃんに現地のカレーの作り方を教えてもらって自分でつくるところまで到達。休日には、せっかく来たのだからと、35度の炎天下の中、街中を歩き回って、プノンペンライフをエンジョイしていました。

   海外での生活になじむかなじまないかは、年齢じゃない。気の持ちようなんだな。なんてことを再認識しました。

「海外」食わず嫌いなんじゃない?

   J-CAST会社ウォッチの先の記事でも話題になった日本能率協会の2014年度の新入社員意識調査。新入社員の57.7%が「海外赴任したくない」と言っているという内容だったのですが、ひとつ実に興味深い数値もでています。

   海外経験のある人は「海外赴任したい」が61.2%ですが、海外経験がない人は「海外赴任したい」が22.4%なのです。

   つまり「海外赴任したくない」って言っている人のうち、結構な割合が食わず嫌いなんじゃない?ってことです。

   別に、国内で一生仕事をすることが悪いことでもないので、意識改革なんてする必要は全然ないと思います。ただ、せっかく簡単に海外に行けて、海外で働くという選択肢も開かれている時代、せっかくだから一度くらい行ってみたら?とは思います。

   新しい事に挑戦するのはいつでもOKです。思い立ったときが、吉日です。少なくとも、44歳のおっさんが、ど途上国で1か月間もカレー屋生活を出来たのですから、無理なことはありません。

   案外、大好物になるかもしれませんよ。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中