「小1時間の移動」の非効率 web会議で「仕事」が変わる

印刷

   しかし、本当に移動時間はイライラします。私は以前、東京のお台場に事務所がありましたが、渋谷と六本木でそれぞれミーティングをして、かえってくると、もう本当にぐったりです。移動だけで、2時間以上かかっているし、ミーティングの時間とあわせて半日以上かかります。真夏にそれをやると、もう一日仕事をする気になりません。まったくの非効率だと思います。

   都内の移動だと、およそどこでも片道40分‐1時間くらいでおよそのところにいけるので、多少遠くても、会いましょう(一度、来てください)ということになります。とはいえ、先ほどのように、お台場から渋谷、六本木と回っているとそれだけで2時間以上移動に浪費します。

在べトナム時だけでなく、東京滞在中も

この会議、必要あった?
この会議、必要あった?

   これが米国だと、日本と違い多くの都市に本社が散り散りになっていますから、相手の本社の都市まで、わざわざ飛行機でいくなんてことは、よほどのことでないとやりません。

   一方、シンガポールですと、こんどは移動したほうが効率的で、ラッフルズプレイスの近辺に会社が集中していますから、移動時間はせいぜい10分、15分ですみます。

   東京の場合は中途半端で、アメリカほど離れていないが、シンガポールほど近くない。中途半端に40分‐1時間ほどの移動時間がかかる。ここに、やめたくてもやめられない非効率な移動時間が潜んでいることがわかりました。この部分にメスをいれると、相当に生産性が上がるでしょう。

   私は、普段はベトナムに住んでいて、ほとんどの用件をスカイプなどのweb会議ですましています。

   これは徹底しようと思っていて、ベトナムと日本の間だけではなく、私が東京に滞在しているときに連絡があった用事も、できるだけweb会議にしています。東京での貴重な滞在時間なので、web会議ですむならそれに越したことはない。

コストに敏感なひとはわかってくれる

   都内同士なのにweb会議にしましょうというのは、少々勇気がいります。40、50分の時間をかけて移動することすら、できないのか?と。

   しかしそういう気持ち的なものが積み重なって、どんどんと非効率になっていく。私は、割りきりました。相手も、コストに敏感なひとはわかってくれます。2、3回やっていると、それでOKということになります。

   また、web会議に切り替えると、会議自体もより効率的になることがわかりました。日本の会議は雑談が多い。まずは和みましょうということで、お会いしてから10分くらい雑談する人もいる。

   web会議だと、あんまりそういう雰囲気でもないので、さっさと用件だけ話す。また、通信手段が限られているから、事前にそれなりに話すことを決めておいたり、準備をしておいたりしないと、うまくいかない。その場で紙をぺらぺらしたり、なにかデモしたりということはめんどうだから、事前に会議の議題や論点を出すようになる。良いことずくめです。

   というわけで、原則すべて、web会議。会うのは例外。私は、これを徹底していきます。 そして、節約した時間で、東京滞在時には、実家で飯でも食べるか、友人と会いに行きます。(大石哲之)

大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中