社員らブチ切れで「大量離脱」 「改善する気なし」の社長をついに見切った理由

印刷
「社員の事故で配送ができなくなりましたので、他社さんへの乗り換えをお願いします」

   ある日、弊社が運営しているカレーショップに、出入りの食品卸会社Y社からこのような連絡があり、騒ぎになりました。連絡を受けたスタッフからこれを聞き事情がよく分からない店長が問い合わせをしても、先方の幹部社員は「状況が分からない」との一点張り。

   社員の事故が理由で配送ができなくなるとは、そんなに一度に何人もの社員が事故を起こしたのでしょうか。俄かには信じがたい気持ちではありましたが、こちらからの事情説明要求にも応える風もないので、とりあえず別の会社に発注先を変更して当面の事なきを得ました。

Y社は「社員の健康管理を顧みないブラック労働環境押し付け」

健康管理は大切ですよ
健康管理は大切ですよ

   ところが、A社の配送担当が配送にやって来たのを見ると、なんと元Y社で当店担当だったO君だったのです。O君に転職のいきさつを聞いてみると、「今回のゴタゴタでいろいろあって、先輩の口利きで転職した」のだと。そしてトラブルの詳細をたずねる当方に、初めは口ごもっていましたが、徐々に重たい口を開いて真相を話してくれました。

「社員の事故は本当にありました。居眠り運転による交通事故です。ほとんど休みなしで、昼は配送、夜は仕訳に事務作業。皆かなりきつい毎日で、先輩方が以前から職場環境の改善を社長に迫っていたのですが、『嫌ならやめればいい』の一点張りで聞く耳持たず。そんな最中に大きな事故が起きました」

   聞けば、事故の当人は少し間違っていたら命さえも落としていたであろう複数骨折の重傷とか。それでも社長は、事故はあくまで本人の責任だと主張。車の修理代金を払わないならクビにするという話に至って、配送担当が立ちあがり一斉に辞めることにしたのだと。

「たまたま、リーダー格の先輩が職場改善を受けない社長に見切りをつけて、いくつかの同業に転職打診をしていたので、事故を起こした彼も含めてうちの配送員たちの再就職先がほぼ確保できることになったのです」

   言ってみれば経営者の社員の健康管理を顧みないブラック労働環境押し付けによって社員大量離脱が起こり、事業の継続が難しくなったわけです。現状、倒産こそ免れてはいるものの、急な事業放棄による信用失墜で開店休業状態が続き、他の大半の社員も解雇され、残ったのはほぼ経営者一族のみだといいます。Y社再建の道はかなり険しそうです。

M社は「健康管理に最善の策を講じるのは会社の務めである」

   話は変わって、この一件があった数週間後、複数店舗を運営するサービス業のクライアント企業M社にうかがうと、T社長が人事部長を呼びつけて厳しく叱責している場面に出くわしました。M社は競争の激しい業界にあり、値下げ競争によるコストカットの連続で、そのあおりを受け店舗の人員は減少の一途。スタッフはどの店も、労働密度が高い長時間労働が続くなどかなりハードな労働環境にあります。

   ワンマンで鳴らずT社長の叱責で聞こえた言葉は、「すぐ対処しろ!3日以内にできないなら、その社員は対処するまで全員出勤停止!」と穏やかではないものでした。あまりの剣幕に、部長が席を外したタイミングでその理由をたずねてみました。

「年明けに実施した社内の健康診断で再検査通知が出された社員の再検査受診状況を人事部長にたずねたら、皆仕事が忙しくて全然受診できていないとあたり前の顔をして言うんだよ。半年も経っているのに何をやっているんだと。健康あっての仕事であり、健康あっての生活だからね。何かあったらご家族に対して申し訳が立たない。生活の大半を会社で過ごす社員の健康管理は会社の責任ですよ」

   周囲に聞いてみると、実はM社は数年前に幹部社員をガンで亡くしたことがあって、社長は悲嘆にくれるご家族を目の当たりにしたのだと。発見が遅れた原因や、ガン発症の遠因が職場環境にあったのではないかとT社長はいまだに気に病んでいるのだとか。少なくとも、同じ悲劇は繰り返したくない。万が一の時も早期発見、早期治療ができるよう、健康管理に最善の策を講じるのは会社の務めであると、日頃から口にされているということも耳にしました。

   M社はハードな労働環境でありながら、業界内でも定着率の高さで知られ業績も右肩上がり。カリスマのワンマン社長に思えるT社長の知られざる一面に若干の驚きを感じながらも、M社社員のモチベーションの源には社長の社員に対する愛情があるのだと感じさせられるところであります。

   社員の健康管理を顧みないY社と、社員の健康管理は会社の責任と断言するM社。社員を思う社長の愛情を感じられるか否かが、社員にそっぽを向かれて廃業スレスレにまで追い込まれる企業になるか、社員のやる気を鼓舞して伸びて行く企業になるかの分かれ道になることもあると強く実感させられた次第です。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中