「若者の正社員化推進」立法化に意欲 田村厚労相

印刷

   田村憲久厚生労働相は、非正規の若者を正社員にすることを企業に促す法案を2015年の通常国会に提出する考えを明らかにした。視察先の北海道平取町で2014年7月19日、記者団に有効求人倍率など雇用環境が改善している現状について、「正規雇用につなげるチャンスで、『正社員実現加速プロジェクト』という形で正社員化のいろんな施策を進めたい。議員立法でやるという声と閣法(内閣提出)でという声がある。必要な法整備なので、与党と連携しながら検討したい」と語った。

   法案では、一定の規模以上の企業を対象とする方針。若者の正社員化を進めた企業に対して助成金を出すことや、従業員を酷使する「ブラック企業」対策の一環として、若者の離職率を情報公開することなどが柱となる見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中