サイバー藤田社長に『激怒』された退職社員は「無責任」か、「そんなの自由」か

印刷

   先日、サイバーエージェントの藤田晋社長が、退職した社員に「激怒」したとのコラムが話題を集めた。藤田氏によれば、重要な仕事を任せていた若い社員が、競合他社にあっさり引きぬかれ、まるで「アルバイトを辞めるかのように」仕事を放り出して退職してしまったという。この社員の辞め方について、ツイッターなどで擁護派と批判派が意見を戦わせている。

「辞めた方が、自分の人生にとって良い」と...

激怒してるらしいよ...
激怒してるらしいよ...

   藤田社長が日本経済新聞に寄せたコラム、「私が退職希望者に『激怒』した理由」(2014年10月1日配信)によれば、彼が、退職した社員に「激怒」した理由は次のようなものだ。その社員は、以前、「会社に億単位の損失を与えた」にも関わらず、藤田氏らは「再度のチャンス」を与えていた。具体的には、新たに事業の立ち上げを任せていたという。にもかかわらず、その若手は、競合他社から「引き抜き」のオファーが訪れた途端、「自分にとって最後のチャンスだから」という理由で、仕事を放り出して辞めてしまった。

   このコラムに対し、ネットでは、賛否両論が飛び交った。ツイッターでは、

「(社長に激怒されるという)デメリットがあったとしても、それでもなお辞めた方が、自分の人生にとって良いと判断されたんだろうな」
「会社は『セカンドチャンスくれてやってる』って思ってたのに、本人は転職を『チャンス』と思っていたんでしょうね」

など、辞めた社員の選択に、理解を示す意見は少なくない。

   また、「億単位の失敗をした人に、セカンドチャンスをあげたら、そりゃあ昔をフラッシュバックして、尻込みしたと思う......」と、会社が再起のチャンスを提供したことを、社員が「プレッシャーに感じていたのでは」との憶測もある。

「簡単に投げ出すなんて、責任感が足りない」

   一方、大きな仕事を抱えていながら、あっさり転職してしまった社員への批判も目立つ。

「辞めた社員は、もう少し責任感があってしかるべきじゃないかと思う」
「投げ出してライバルに移籍する権利はあるが、プロの仕事人としては失格ね」

など、ビジネスパーソンとしての「けじめ」が足りないと感じた人もいるようだ。

   辛辣な意見としては、「会社に大損害を与えて、それなのにチャンス与えてもらって、それを投げ出して他社に移る。そんな社員なら、他者でもまた大ポカやるんじゃない?」(2ちゃんねる)と、辞めた社員の能力や心構えを疑問視する人もいる。また、「退職は自由かもしれんが、大変なのは、残された元同僚なんだよな」(ツイッター)と、「残された同僚」を思いやる人もいた。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中