新卒採用、2016年春「増やす」派の社長 意外と・・・多い?少ない?

印刷

   2016年4月入社の新卒者の採用計画を、15年入社より「増やす」と回答した経営者はサービス業を中心に15.7%だった。日本経済新聞が「社長100人アンケート」を実施。2014年12月8日付朝刊で、その結果を報じた。高水準だった15年入社と「変わらない」という回答は67.3%に達しており、企業にとっては「売り手市場」の採用活動が続きそう、としている。

   一方、人手不足が強まる懸念は薄れている。人手の過不足感が半年前と比べてどのように変化したかを聞いたところ、「変わらない」が87.1%を占めた。流通や物流関連の業種を中心に「不足感が強まった」と答えた経営者はいたものの、全体の9.5%と少数派だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中