女性社員の「営業スマイル」を勘違い あげくに「クレーム」口実につきまとい

印刷

   窓口など接客業務の女性が、「クレーム」を理由に、顧客男性からつきまとわれるケースが問題化している。大手新聞が報じ、ネットでも話題になった。恋愛感情を表に出さず、あくまで「クレーム」を口実としてつきまとうため、通報が難しいという課題もあるようだ。

毎日のように職場に電話してきたり、窓口に何時間も居座ったり

また電話してやる・・・
また電話してやる・・・

   毎日新聞(電子版、「クレームストーカー:窓口女性に恋愛感情隠し接近」2015年1月9日)によると、近年、企業や自治体では、接客の女性が、仕事に対する苦情を名目に、顧客男性からつきまとわれる被害が増加しているという。

   報道によると、ある自治体では、若い男性が、窓口を担当する女性職員の「名札」から名前を覚え、約半年間にわたってつきまとった。男は、毎日のように職場に電話してきたり、窓口に何時間も居座ったりした上、「女性の態度が悪い」などと文句を言ったり、不在の際は「本人に謝罪させろ」などと要求。自治体側が、弁護士に対応を依頼したことで、事態は収束した。

   記事では、企業向けの危機管理コンサルタントを手がける「平塚エージェンシー」(東京・千代田区)社長の平塚俊樹氏が、「男性の中には女性から丁寧に接客されると、『自分に好意がある』と勘違いする人がいる」とコメント。アプローチができないため、それなら、いっそ苦しめてやろうと考える男性もいるようだ。

「窓口対応をしてたら、よくある」

   ツイッターでは、「自分も被害に遭った」という書き込みがいくつか見られた。女性とみられるアカウントからは、「接客や窓口対応してたら、これはある。気持ち悪いの一言。何勘違いしてんの?営業スマイルに決まってるのに・・・」とか、「営業の現場でもたまにあります。本当困る。仕事で優しくされてるだけなのに、なぜ分からないのか」など、「勘違い」する顧客に、辟易している女性もいた。

   「アパレルの時に同じような被害を受けて、もめにもめて警察にも行かされて、結局、私の方が仕事辞めさせられた」という人もいる。

   法務関連のニュースサイトなどを手がける、More-Selections(本社・東京)では、新聞報道などを受け、「クレームストーカー対策を考える」と題した記事を掲載(2015年1月15日)。企業にとっては、「クレームストーカー」と思える例でも、外見上は「顧客」なので、対応に苦慮すると指摘している。ただ、場合によっては「刑事事件として警察に通報できる場合もある」という。

   たとえば、店内で、店員の制止に従わず、大声を出し続けると「威力業務妨害(刑法234条)にあたる可能性がある。また、無理やり土下座させたり、謝罪文を書かせたりした場合は、強要罪(刑法223条)に当たる可能性もあるそうだ。もちろん、クレームストーカーが、こうした法律の知識を身に付けている可能性もあるが、企業側は「適切な法律知識を身につけた担当者を配置し、毅然とした対応をとることが必要」と指摘している。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中