思わず「赤信号」を守ってしまう工夫 信号機が突然・・・

印刷

   「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という冗談もあるが、ある自動車メーカーが開発したこの「信号機」なら、どんな横断歩道でも誰もが思わず足を止めてしまう――かもしれない。

   メルセデス・ベンツの性能を兼ね備えた超小型自動車「Smart」が、ポルトガルの首都 リスボンのとある交差点に期間限定で設置した信号機。これは、赤信号のときに点灯するあの「人型」のサインが、突然軽快に踊りだすのが特徴。

シルエットをカメラが認識

お、踊りだした!?
お、踊りだした!?

   この取り組みを紹介する動画は、2015年2月24日時点でYouTubeで998万再生を突破し、まもなく1000万の大台に載ろうとしている。

   その仕掛けは、信号機の近くに設置された黒いかべに覆われた巨大なブースにある。通行人がブースを訪れ、その中で踊ると、踊っているひとのシルエットをカメラが認識し、その動きが信号機の「(赤信号)人型サイン」に反映して表示される。

   ただ単に人型のサインをデザインし直したのではなく、実際の人の動きと連動しているところが興味深い。また、信号無視という後味のわるい違反行為を、皆でライトに楽しみながら解決するアプローチは気持ちがいいものだ。

   この実験的な取り組みにより、通常よりも81%もの多くのひとが、信号が青になるのをきちんと待ったという。動画を見るかぎり、信号が変わるのを待っているひとびとの表情は楽しそうだ。

   日常の「交通」をスマートな方法でより安全にすることで、「Smart」のブランドイメージと安全性を訴求するねらいがありそうだ。(岡徳之

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中