「履歴書は手書きか」論争に踊らされる就活生 答えはもう出ています

印刷

   今回のテーマは「履歴書・手書き論争」です。

   以前からある論争ですが、堀江貴文さんがコメントして、再燃しました。改めて検証してみたいと思います。

匿名ブログ「手書きは採用候補に入れたくない」が発端

手書き?PC作成?
手書き?PC作成?

   匿名ブログの3月7日(2015年)投稿記事「履歴書が手書きの奴は採用候補に入れたくない」が事の始まりでした。

   これに堀江貴文さんが、Twitterで「手書きはやめて欲しいね」とコメントしたことで、論争が広がります。

   ブログ投稿の4日後には、Yahoo!意識調査が「手書き履歴書とPC履歴書、あなたが採用担当者ならどちらの人材を選ぶ?」を実施(3月21日まで)。

   結果、約14万件の投票があり、手書き72.2%、PC作成27.8%となりました。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中