「年収1075万円以上」の要件緩和を 「脱時間給」めぐり経団連会長

印刷

   日本経済団体連合会の榊原定征会長は、政府が検討している「脱時間給(高度プロフェッショナル)制度」について「実効性あるものにするには、(1075万円以上の)年収要件を緩和して、対象職種も広げないといけない」との考えを示した。2015年4月6日の記者会見で述べた。... ...
[記事に戻る]

001
2015/4/13 19:18

決まった額で長時間こき使える様にしてくださいって事ですね

002
過労死を避ける会 2015/4/13 22:53

そんなことをすれば、名ばかり管理職、特に、長時間労働&休日が少ない塾業界の教室長や外食業界の店長などでは、健康被害、過労死、うつ病が激増するだろう。今でも敬遠されて人手不足なのにいるのに、ますますなり手が減るだけだ。

003
実際に 2015/4/13 22:58

経営者や株主が求めているのは1/10の年収100万円クラスの人の脱時間制給料計算です。
グローバル化に対応するためにも労働者の年収100万円以下が望まれていると考えられます。

004
やっぱり 2015/4/14 00:14

経団連なんて弱い奴には強い、ヤクザと同じだね。

005
結局のところ 2015/4/14 08:07

人件費の抑制しか考えていない

006
日本では成り立たない 2015/4/14 09:31

高度プロフェッショナルが、ほんとうに高度プロフェッショナルな業務「だけ」しているのなら、経団連の希望どおり年収要件を取り払ってもいい。
いまの日本ではそうではない。営業所長が営業所の掃除までしているのが日本。
年収要件を取り払ったら、時給作業者を全員クビにして、単純作業をすべて「高度プロフェッショナル」に押し付ける方向に必ず進む。
雇用契約にない業務をさせないというルールを厳格に守っている企業は、一部の外資を除けば日本には皆無でしょう。

007
高度プロフェッショナル 2015/4/14 11:33

ビラ配り員、高度プロフェッショナルピザ配達員、高度プロフェッショナル交通調査員、高度プロフェッショナル警備員、高度プロフェッショナル清掃員、高度プロフェッショナル派遣社員、高度プロフェッショナルパートのおばちゃん、高度プロフェッショナル学生アルバイト

008
案の定 2015/4/15 00:53

制度を作ると言い出した時からこういう事を言い出す事は分かっていた
だから俺は最初から大反対している
今でも名ばかり管理職がはびこっているというのに、
今度は名ばかり高度プロフェッショナル職だらけになるね
※3の言う人材だらけになって内需ボロボロ→移民大量受け入れ→日本終了の予感

009
今、 2015/4/15 09:12

残業代込みで1500万の年収です。
同じだけ貰えるなら、同じかそれ以上の成果はあげますよ。
時間外勤務は極力しないでも。

010
人件費抑制の高度プロか 2015/4/15 18:52

年収要件を緩和して、対象職種を広げたら高度プロフェッショナルでもなんでもなくなるような気がするが(笑)。
そもそも日本語が通じていない気がする。
日本じゃなんでそんな人が経営者やってんだろう?

011
まずは 2015/4/15 21:49

公務員や政治家、特殊法人、公益法人等、非民間の官営から始めてみればその酷さがより理解できるだろう。
国の借金と騒いでいる割に、非民間は危機感が無さ過ぎですもの。
民間から税金で絞る前に、バケツの穴を塞がなきゃ駄々漏れです。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中