「命がけ」の政治家を尊敬する理由

印刷

   大阪市長の橋下徹氏が先日、「大阪府警が全力で守ってくれたので、安心して生活する事はできました」という旨の発言をしていました。2015年5月17日の大阪都構想をめぐる住民投票の結果を受けた会見でのことです。

   首相や首長を警察が守る――世界で屈指の安全な国である日本ではピンと来ないかもしれませんが、世界には、政治家が、特に選挙に立候補するときに危険にさらされる国もあります。

立候補届け出の最中に襲撃される

選挙も命がけ!?
選挙も命がけ!?

   私がフィリピンで聞いた話だと、「知り合いが選挙に出たときは、立候補の届け出からあとはずっと家から一歩も外に出なかったそうです。しかも、家の周りに警備をつけて」とのことでした。

   いかに汚職がはびこっていて、危険なフィリピンでもそこまでは・・・実際、選挙中、選挙カーとか走っているし・・・と思い、Webで検索をしてみたところ、こんな記事が。

Philippines 'poll-related' deaths reach 57(フィリピンで政治的な理由で殺された人が57人になった)」(BBCサイト)

   2009年11月の記事ですが、政治家のマングダダツ氏が選挙立候補の届け出を出しに行く最中に襲撃され、彼の妻や、取材をしていたジャーナリスト少なくとも13人が殺されました。

   大統領は「襲撃犯を許さない。国としての追悼を行う」と言ってるのですが、マングダダツ氏は「アロヨ大統領に関連のある一派の仕業だ」と言っています。

   ふた桁の殺人が平気でおき、被害者がそれを「大統領一派によるものだ」と言ってしまうこの状況。まさに、フィリピンの政治家は命がけであり、誰を信じていいのか全くわかりません。

法律が守られる社会を作らなくては

   ちなみに、このようなことは毎回の様に起こっており、表沙汰になるだけでも毎年数十人の人が政治がらみで殺されているそうです(フィリピン人に聞いてみたところ、「表沙汰にならないところではもっとだよ」と言っていました)。

   こんなフィリピンの実態を考えると、政治家になるのにはものすごい覚悟が必要だと言うことがわかります。世界屈指の安全な国、日本でも、橋下氏のように大きな闇を抱える利権に切り込んでいくような政治家は、いつ何時、どんなことが起こるかはわかりません。

   しかし、闇から武力を行使して威嚇してくる人たちを、正規のルートで阻止し、その利権を止めて、賄賂が国庫に入り、選挙が正式に行われ、効率的な人材配置を行い、法律が守られる社会を作らなくては、国の発展はありません。

   命がけでそのような仕事をする政治家の人たちを心から尊敬します。

   橋下市長は、任期いっぱいで政治家を引退すると明言しています。橋下市長、お疲れ様でした。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中