会社が辛い、でも辞めない だって・・・イケメンがいるから

印刷

   いつ頃からか、容姿に優れた男性のことを「イケメン」と呼ぶようになった。ツイッターでは、「他部署のイケメンが癒し」とか、「職場のイケメンがわざわざ挨拶しに来てくれた! すっごいキュンってした!」など、イケメン社員にドキドキしている女性たちのつぶやきが見つかる。

   ある調査によると、実に8割以上の女性社員が、「会社にイケメンは必要」と答えたらしい。「そんなにイケメンばっかり重宝するのか!」と、怒りの声も聞こえて来そうだが、「イケメン」の効果は、『離職率の低下』や『社内活性化』にもつながるらしい・・・!?

イケメンに「社内を活気づける」効果

テンション上がるわ
テンション上がるわ

   企業のマーケティング支援を手がけるESSPRIDE(東京)が、全国の20~49歳で「勤務先に自慢のイケメンがいる女性会社員」600人を対象に、「イケメンが社内外に与える影響」を尋ねたところ(複数回答、以下同)、「社内」の1位は「仕事へのモチベーションが上がる」(49.8%)だった。次いで「社内のコミュニケーションが活発になる」(21.2%)で、イケメンには「社内を活気づける」役割が期待されているようだ。

   「社外への影響」の1位は、「リピート顧客が増える」(29.2%)、次いで「新規顧客が増える」(21.2%)。ただ、社外に対しては「特に影響はない」と答えた女性が43.8%と、社内に対して「特に影響はない」(25.7%)よりも高い数値となっている。調査したESPRIDEでは、「イケメンは社外よりも社内の活性化に貢献すると考えている方が多いのかもしれない」と分析。

   同調査では、「イケメンがいることで起こったこと、感じたこと」も尋ねているが、全体の34%が「イケメンがいるから会社に行くのが楽しい」と回答した。なるほど、イケメンは「社内の活性化」に貢献している・・・とも受け取れる内容だ。さらに、20代女性の12%は、「イケメンがいるからつらくても会社を辞めない」としており、イケメンが「若手女性の離職率低下」に一役買っている可能性もあるようだ。

   ツイッターでは、女性たちが、「目がさめるようなイケメンが職場に居てくれれば仕事頑張れるのになあ」とか、「イケメンに挨拶できた。あぁ、仕事のモチベーション上がる・・・かっこいい・・・」などと、つぶやいているのが見つかった。「職場にイケメンがいるのでそのためだけに働いています」という人もいる。

「やはり俺は職場に貢献していたのだ!」

   こうした実態からか、全回答者の女性に対し、会社に「イケメン」は必要だと思うかと聞いたところ、「そう思う」が83.7%、「そう思わない」が16.3%と、『イケメン必要派』が多数を占めた。アンケートの対象は「勤務先に自慢のイケメンがいる女性会社員」なので、結果に偏りはありそうだが、「女子社員のモチベーションアップ」や「仕事に張り合いが出る」などのコメントが目立ったという。

   調査結果を受けて、ツイッターでは、「モチベーションアップのために職場にイケメンを!」、「日本企業が女性の活躍を後押しするためにはイケメンの採用が急務と考えます」などと、冗談交じりでつぶやくアカウントもいれば、「ブサメンですまんな」と、卑屈になる人も。一方、「なるほど? 俺はそっち方面でも貢献してるんだなw」とか、「やはり私が必要のようだな・・・///」と、自信(?)を見せる男性もいた。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中